「氷に似た感応」の歌詞 藍坊主

2010/2/17 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
感情かんじょう、これ以上いじょうのビジョン、めった刺ざ}し、{雑誌放ざっしほうって崩壊ほうかいこおったった夜空よぞらに、
連綿れんめんと、連日れんじつ人体模型じんたいもけいずっと描写びょうしゃ秒速びょうそく病気びょうきのような気分きぶんで、
アカン、感情かんじょうじょうろじょうれて、徐々じょじょ二三四体にさんしたい模型五体もけいごたい分裂ぶんれつ、ろうろうと、六体ろくたい
一斉いっせい心臓共鳴しんぞうきょうめい、めいめいの、点灯てんとう滔々とうとうと、つのる。

あいしてよ、ぼくのこと、あいしてる、きみのこと。
わからない、心臓しんぞうが、破裂はれつしそう、ねむれない。

ああ、あなた、ああ、あなた、ああ、あなた、ああ、あなた。
ああ、あなた、ああ、あなた、ああ、あなた、ああ、あなた。

あいしてよ、ぼくのこと、あいしてる、きみのこと。
わからない、心臓しんぞうが、破裂はれつしそう、ねむれない。

交換こうかんです、このあいも、こえも、漫画まんが趣味しゅみも。
共感きょうかんです、そのに、かみに、産毛うぶげいろに。
もう来月中らいげつちゅうんじゃっていいですか。

そうやって、笑顔えがおぼくめさせないで。
体感上たいかんじょう素直すなおきみていたいんだよ。
瞬間しゅんかんさ、瞬間しゅんかんで、わかる、あいしてる。