「沈黙」の歌詞 藍坊主

2009/5/20 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
きみのためなら、ぼくねるよ。何千何百何十何回なんぜんなんびゃくなんじゅうなんかいでも。
だけど、本当ほんとう最後さいごの、最後さいご一回いっかいは、ぼくがほんとにぬときだろう。

なにうそだろう、なに本当ほんとだろう、こころはいつもここにあるっていうのに、
空気くうきれたら酸化さんかしてしまう、ワインのように、言葉ことばあめれたてつのよう。

だからぼくらはつないでる、くちづけをし、あいをかわしうんだ。
空気くうきえてつたわる、うそ本当ほんとうもなく。ぼくらはなぜかそれをっている。

ジョンレノン、世界平和せかいへいわはどんなかたちだろう、やわららかくてあたたかいマフィンのようかな、
日曜にちようあさひびく、フライパンのおとのようかな。
ジョンレノン、世界平和せかいへいわはきっとこないよ、あなたをあいせばあいするほど、
いよいよそんながしてくるんだ。

平和へいわらすこと、大切たいせつひとたちと、それはえないだれかを相手あいてにしてるんじゃなくて、
れていてわらって、くとあたたかい、地球ちきゅう裏側うらがわのことなんかじゃない。

何度なんどでもたしかめよう、何度なんどでもいのろう、全世界ぜんせかいあいつつまれるように。
だけど”無数むすう”の人間にんげんあいしながら、”ただ一人ひとり”をあいせるだろうか。

ねえ神様かみさま世界せかいはあまりにもひろくて、何十億なんじゅうおくあいと、それをまも摩擦まさつが、
いたところで、けむりげてる。
ねえ神様まきさまぼく大事だいじにしようとおもう、平等びょうどうでも 公平こうへいでも ない特別とくべつな、
ただ一人ひとりえることを。

ぼくらはかみのように広大こうだいでもなく、宇宙うちゅうのようにてしないわけでもない、
それでもぼくらは広大こうだいであろうとする、次々つぎつぎあふ可能性かのうせいかかえて。

じてかんじた、みみましてかんじた、あいするひとよ、何度なんどでもかたってほしい。
ゆめのような未来みらいを、あまりにももろい理想りそうを、いきまってしまいそうな現実げんじつで。

はげしくれている、沈黙ちんもくふるえる場所ばしょけっして酸化さんかすることのい、あなたへのおもい。