1. 泣いて歌詞

「泣いて」の歌詞 藍坊主

2006/4/26 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
きみこころおくには くらなが迷路めいろがある
いつからかぼくはすっとまよいこんでしまっただろ

ぼく目線めせん 目下もっか世界せかい
昨日きのうまですべてをてるがしてた

きみなやんでいること それをかり100ひゃくとしたら
ぼくのは100ひゃくじつはたった1いち2だろ

ねぇ もう一度いちど はしらせて
きみこえ こえるはずの その場所ばしょ

いて いて なみだかれても
まだだ まだだ りない
いて いて こえがかれても
きみいたみにかなわない
いて いて すべてなみだ
あらながしてくれればいいのに

なに勘違かんちがいしてた 綺麗事きれいごとでごまかして
わらわせたことよりずっと かせたことがおおかった

みちくことと
わがままのちがいをぼく無視むししてた

ぼくぼくなにをしていた
ふか後悔こうかい 込上こみあげる
ざくり ざくり ナイフ
これでもか これでもか さけ
だけどいたかんじられない
ひとあい資格しかくなんてない

いて いて なみだかれても
まだだ まだだ りない
いて いて こえがかれても
きみいたみにかなわない
いて いて すべてなみだ
あらながしてくれれば
そんなふうおもぼくには
涙流なみだなが資格しかくもない
きみのところへ もどれるわけもない