1. 生命のシンバル歌詞

「生命のシンバル」の歌詞 藍坊主

2011/12/7 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
そらねむりそうな かぜいてる
そよぐ ちぎれそうな ぼくのこころ

エラがない ボンベを背負しょえない ぼくらはきる 酸欠さんけつ未来みらい
いつから もぐったのだろう はりつく 仮面かめんかさねて

彗星すいせいのように ゆらゆらゆれて ひか
ゆらりゆれる 生命せいめいのシンバル
だれもしらない それぞれのいたみのなか
彗星すいせいのように ゆらゆらゆれ さまよう
ぼくらのあおたましい
てつの ように めて よるちる

今日きょうも かたむいていた ななめな空気くうき
なのに たおれられない ななめなぼく

かおのない 笑顔えがおをみたよ むしもつかない サラダべたよ
しんのない 鉛筆えんぴつもって 希望きぼうが かけないとなげいてるよ

彗星すいせいのように ゆらゆらゆれて ひか
ゆらりゆれる 生命せいめいのシンバル
機械きかいみたいに べやしねぇなら
彗星すいせいのように ゆらゆらゆれ さまよえ
ぼくらのあおたましい
くぎの ように まっすぐ よるされ

やまないあめはなくて ふらないあめもない
どんなにそう ねがっても
けないよるも また 存在そんざいしない世界せかい

彗星すいせいのように ゆらゆらゆれて ひか
だれもしらない えがいて
なんどでもぼくらは けずられてはかがやく
はりに なって さいごを つらぬくまで

ひかれ ひかれ ひかれ ひかれ