1. 瞼の裏には歌詞

「瞼の裏には」の歌詞 藍坊主

2005/5/18 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
れないようにれないように きみがくれたおもいにみずあたつづけた
両手広りょうてひろねてもおおいつくせないほどのおおきいよろこびに

ある日君ひきみのくれたおもいは 花朽はなくちてちて
らぬれていた
それはみずりないから?
それともたくさんあげすぎてしまったから?

あの日僕ひぼくのせいでかなしむ両目りょうめから全部流ぜんぶながれてれてしまったの?

きみおこったその素振そぶりもきみわらったそのかお
ぼくなにもないなにもないにそっとれたことも
おもしては口遊くちずさむよ きみうたったあのうた
うれしいときにだけ口遊くちずさんでいたきみこえきたくて

かなしませたくない うたいていたい
その気持きもちだけでは きみれてしまうんだね

たとえそれが本心ほんしんじゃなくてもきみつめたくできないよ
かなしませなければつかめないよろこびもあったのになぁ

きみおこったその素振そぶりもきみわらったそのかお
ぼくなにもないなにもないにそっとれたことも
おもしては口遊くちずさむよ きみうたったあのうた
じればまぶたのうらにいるんだよ
きみがどこにもいかないように