「青葉台の夜」の歌詞 藍坊主

2004/5/12 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
佐々木健太
文字サイズ
よみがな
hidden
かかとがつぶれたくつで ダラダラと散歩さんぽする
びんぼうぐさつぶんじまえ、とつぶやく

たたみにつめをてて こえころしていたよる
わっちゃいねぇだろまだ はじまってもないぜ

青春せいしゅん残骸ざんがいぼくびかける

「かきならせおれからだ ぶつけろその感情かんじょう
しみったれたこえを そこらじゅうにらせ」

ぼくのギターはそうって ぼくこころなぐった
なつよる 湿しめったかぜ

不満ふまんっちゃきりがない かねなし貧乏生活びんぼうせいかつ
いおかねをはたいて 新品しんぴんげん

青春せいしゅん残骸ざんがい宝物たからものになる

かきならすやつからだ ぶつけるこの感情かんじょう
蜘蛛くもいとくらいの 希望きぼうひかりえた

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいがよるにこびりつく

いつのまにかあきふゆしのるそのころ
ぼくのオンボロギターは おとうしなっていた

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいは寒空さむぞらに・・・

ぼくはギターをかきならす くせないほどの
おもいは寒空さむぞらえた