1. 鞄の中、心の中歌詞

「鞄の中、心の中」の歌詞 藍坊主

2004/5/12 リリース
作詞
藤森真一
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
何気なにげないかえみち 帰宅きたくラッシュの電車乗でんしゃの
かばんから教科書取きょうかしょとていると
無意識むいしき計算けいさんするぼくあたまきみ確率かくりつしてる

そうだきみってるんだ なにもできずってるんだ
非常識ひじょうしきにまわりを見渡みわたぼくがいる
懸命けんめい計算けいさんするぼくあたま偶然ぐうぜん公式探こうしきさがしてる

こまかい理屈りくつなんてない ちいさい体裁ていさいすらない
ただきみえればそれでいい

何度なんど何度なんどきみ名前呼なまえよ無言むごん返事へんじこころさる
何度なんど何度なんどきみびかける まるでひとごとのように

教科書きょうかしょかばんにしまい 日記にっきしてると
むねつまるおもいだ。 当時とうじきみ
わたしには彼氏あなたがいる、だけど何故なぜだろう 孤独感こどくかんいつもかんじている」

んだらいてくれた そのたびぼくえてた
裏切うらぎりの連続れんぞく過去かこ

何度なんど何度なんどきみ名前呼なまえよ無言むごん返事へんじこころさる
何度なんど何度なんど自分じぶんかす これであたりまえなんだよと

小説取しょうせつと幕末ばくまつはなし 千葉ちばさなというひと
あるおとこ一生いっしょう一人ひとりえた物語ものがたり

何度なんど何度なんどきみ名前呼なまえよ無言むごん返事へんじこころさる
何度なんど何度なんどおもうことがある ぼくはこのひとのようでもいい