1. Esto歌詞

「Esto」の歌詞 藍坊主

2008/4/2 リリース
作詞
佐々木健太
作曲
藤森真一
文字サイズ
よみがな
hidden
とおい、とおこころおくこうがわ
くるおしいほどのひかりがまたくるっていく、
おれをここからだせ、だせ」と
ひしゃげてる、やみいて。

きたい気持きもちの本当ほんとう理由りゆうが、
かなしみだったらどんなにらくになれるだろう。
言葉ことばではえられないうねりは、どうやっても、れない。

『そんなもんさ、人間にんげんだもの』それじゃまねーんだよ、ひかりあばれてる。

焦燥しょうそう混乱こんらん不安定ふあんてい破壊はかい放心ほうしん絶望ぜつぼう喪失そうしつ嫌悪けんお再生さいせい安定あんていかえつづけてる、
なぜぼくぼくにした、ひかりかせてほしい、
どうして、こえない、きみこえが。

とりび、あおそらけ、くすんだジョウロのこうで、
スズランがれる。

すべてがたりまえのようにそこにる、きらきらして。
るの反対はんたいを、いとぶのなら、
すべてがくても、よかったはずなのに。

空間くうかん音程おんてい重力じゅうりょく時間じかん抵抗ていこう色彩しきさい物質ぶっしつ温度おんどゆたかな現実げんじつを、ぼくあたつづける、
なぜ世界せかい世界せかいにした、神様聞かみさまきかせてほしい
どうして、こえない、かぜやさしいだけ。

い」ということ、それさえ世界せかいなにければ、うしなことい、
究極きゅうきょくなバランス、完全かんぜん均衡きんこうこわして、こわされ、そんなこともない
あるときなにかを間違まちがえたのだろう、はじまりは自分じぶんはじめてしまった。
バランスはくずれ、不完全ふかんぜんになる、ぼくらの宇宙うちゅうあいすべき世界せかい

焦燥しょうそう混乱こんらん不安定ふあんてい破壊はかい放心ほうしん絶望ぜつぼう喪失そうしつ嫌悪けんお再生さいせい安定あんていを、ぬまでかえして、
ずっと、ずっと、さぐっていくよ、ひかりっててくれ、
いつかおまえすくえるように。