「夜明けの街」の歌詞 藤井フミヤ

2013/7/10 リリース
作詞
藤井フミヤ
作曲
藤井尚之
文字サイズ
よみがな
hidden
わらっていても じつはつらことがあったり
だれかといても なんだかひとりぼっちで

おこっていても 問題もんだい自分じぶんにもあったり
なみだ ながれても 本当ほんとうかどうかわからない

ひとはばらばらだね 自分勝手じぶんかって
それでもだれかをおもしあわせをいのってる

いまかなら世界せかいのどこかに 夜明よあけのまちがあり
ぼくらはつながり きてる あいするために

ねむれなくても 夜空よぞらほしはいつもあって
さびしすぎても れてしまうこともある

とおくなっても そばにかんじるときもあって
わってみても そこからはじまってゆく

ひとはそれぞれだね 十人十色じゅうにんといろ
それでもいながら おな明日あすつめる

いまかなら世界せかいのどこかに 夜明よあけのまちがあり
ぼくらはつながり きてる あいするために

あおそらはどこまでも つづいて いろんなゆめになる
かぎりある日々ひびきてく ぼくらのために

いまかなら世界せかいのどこかに 夜明よあけのまちがあり
ぼくらはつながり きてる あいするために