1. 暗くなるまで待って歌詞

「暗くなるまで待って」の歌詞 藤井フミヤ

2009/9/30 リリース
作詞
河野丈洋
作曲
河野丈洋
文字サイズ
よみがな
hidden
あるれたみちから夕暮ゆうぐれがえる こころがすこしざわめいて
なにか大事だいじなことをおもしたけど きみをてたらわすれた

くりかえす日々ひび せまる暗闇くらやみ
だけどわりははじまり きっと

なにげないときかがやいて きみのためにぼくはいる
なにもかも無駄むだじゃなかった そうおもうよ
昨日きのうちがうハダシの未来みらいえたようながしてる
どこまでもつづいてゆくよはるとおくまで

なくしたものばかりをにしてきても 本当ほんとうのことはえなくて
自分じぶんまようときはかりをすんだ 大切たいせつなものがともるよ

夕闇ゆうやみなか 魔物まものえた?
のせいだよね きっと きっと

きみがよくあきれるジョークにぜてはなせたらいいな
あくびするフリしてちょっと涙目なみだめだよ
きらきらひかる水面みなものように はるだまりのように
さりげなくつたえたいから きみのにふれた

それぞれちがうかたちの未来みらいを ぼくらはきしめている
いまはまだいたくないんだ 意味いみはないけど
昨日きのうより今日きょう 今日きょうより明日あした たとえばそんなふうにね
いつまでもおもいたいから きみのにふれた