1. 氷の箱歌詞

「氷の箱」の歌詞 藤井フミヤ

1998/10/1 リリース
作詞
藤井フミヤ
作曲
有賀啓雄
文字サイズ
よみがな
hidden
木枯こがらし街路樹がいろじゅころがす
どんよりくもぞら ふゆちかづくよ
いきしろきりつく
すれちがかたかぜかれ

なぜいまきているのかも
わからないままとき
だれでもえないむねきず
コートのなかかくしてただよってる

こおりはこなかぼくっている
すべてがけるまでぼくはこのなか

をまるめ人混ひとごみを彷徨さまよ
いろのないまちをただ

なぜいまここにいるのかさえ
おもすのもむなしくて
しんじられるやさしささえも
臆病おくびょうせてゆく

なぜいまきているのかも
わからないままとき
だれでもえないむねきず
コートのなかかくしてただよってる

こおりはこなかぼくっている
すべてがけるまでぼくはこのなか