1. 飛行船歌詞

「飛行船」の歌詞 藤井フミヤ

2007/3/28 リリース
作詞
斎藤有太
作曲
斎藤有太
文字サイズ
よみがな
hidden
ひとにはいたくないこと だれにだってひとつくらいはるんだ
ははかれある子供達こどもたちだって 多分たぶんそれをってるんだ

あたらしい場所ばしょかう人々ひとびとあるいてる
はなびらがかぜれる

一人ひとりじゃ解決かいけつしないこと だれにだって一度いちどくらいはこるんだ
ったりたりしながらまたすれちがって はなれてくことるんだ

始業しぎょうのベルがかいの校舎こうしゃからこえる
そらかぶ飛行船ひこうせん時間じかんめて

どんなときまよわずにきみてればかった
なにわらないのならばぼくわればかった
今年ことしもまたこのみちはないててかった
おろかだねぼくは いつでもきみるっておもってた

ひとぬまでにおぼえていることなんて 本当ほんとうはどれ程有ほどあるんだ?
まれるまえからつながってることだって 普段ふだんわすれているんだ

むきになるかぜはなびらをそらげた
ふくらみぎた飛行船ひこうせん軌道きどうはずれてく

どんなときまよわずにきみてればかった
なにかなわないのならばしんじていればかった
今年ことしもまたうつくしいはないててかった
おろかだねぼくは それでもきみるっておもってた

どんなときまよわずにきみてればかった
なにいたくないのならぼく気付きづけばかった
今年ことしもまたこの場所ばしょはないててかった
おろかだねぼく勝手かってきみつよいとおもってた