「Everlasting Time」の歌詞 藤井フミヤ

2006/9/20 リリース
作詞
有賀啓雄
作曲
有賀啓雄
文字サイズ
よみがな
hidden
もしもあの時君とききみぼくをすりけていたなら
こんなちかくの大切たいせつかがやきにづかずにいた
4月しがつあめつめたくて サイドシートにきみがいる

あいしても孤独こどくだった二人ふたり 自分じぶんあいせずにいた
ぼくだけそこにいる

どこまでもeverlasting time ときなかいまでさえ
4小節前よんしょうせつまえ過去かこになるよ
をつなぎそう夜明よあまえのハイウェイ
本当ほんとうかがやいてるそらほしさがそう

このきょくわるころには ぼくらはもっとちかくなって
そして世界せかい裏返うらがえなれたまちひかりだす

じてえるものがいつかえてしまうのなら
多分たぶんそれはあいじゃない

かなしみはeverlasting time ここにいつけはしない
まばたきするたびにまれわる
不思議ふしぎだね タワーさえまるでいろえてゆく
出会であえた奇跡きせきから二人ふたり意味探いみさがそう

どこまでもeverlasting time ときなかいまでさえ
4小節前よんしょうせつまえ過去かこになるよ
をつなぎそう夜明よあまえのハイウェイ
本当ほんとうかがやいてる二人ふたりをきっとさがそう