1. 桜色ラブレター歌詞

「桜色ラブレター」の歌詞 藤岡

2008/4/23 リリース
作詞
ゆきみち
作曲
河合英嗣
文字サイズ
よみがな
hidden
みなみからかぜこころさらわれた
桜舞さくらまひかりが きらめいたあの
あわはる おとずれた

放課後ほうかご教室きょうしつは いつも空回からまわ
すれちがはなれて距離縮きょりちぢめたいけど
そんなことできないよ こわいんだ

こんなにちかくにいるのにとどかなくて
むねいたむけど あふおもまらない

頬染ほほそめてる れたその笑顔えがお
ぐな眼差まなざしで かざらないとこも
ゆめてる あまいその寝顔ねがお
平凡へいぼん日常にちじょうまぶしくひかるよ

きっと このおも
いつか とどいたら
いて わらってくれるかな

月曜げつよう教室きょうしつは いつも胸騒むなさわ
勘違かんちがい? ちかづいてく やきもちくけれど
そんなことえないよ くやしいな

どんなにちかくにいても友達ともだちのまま
めないけど あふおもわらない

はじめてる あどけない素顔すがお
あたたかなぬくもりで 元気げんきくれるのも
とおくをせつない横顔よこがお
無意識むいしき行動こうどうまわされても

きっと このおも
いつか とどくよう
そばにいて つめてもいいかな

とおける 南風みなみかぜいろ
ささやかなしあわせで まってくことも
ねむれぬよる つたえたい言葉ことば
大切たいせつなあのひといたラブレター

いまは わたせない
いつか とどけたい
めて わらってくれるかな