「オオカミ青年」の歌詞 藤巻亮太

2012/10/17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
このとき 一秒先いちびょうさき未来みらいから
まれわるため オオカミはうた
みちなき荒野こうやにかきされるとも
しもりた朝日あさひびて
かぜをとらえてはなかせて
声響こえひびかせてもっととおくへ
いま きている世界せかいかべこわ

アスファルトのさき 荒野こうや
いのちほのおえてる
のどかわいたオオカミ
にじむほどさけんで
だれ

うそつきオオカミ 正直しょうじきはヒツジ

こころなかけものがいる
あいまよって こいらいで
だって人間にんげんずっと動物どうぶつ
境目さかいめもなくたましいはどこへかう

透明とうめいかぜじゃなくても
ぼくゆめをあつめてゆこう
綺麗きれいはなじゃなくも
きみあいかせたい

アスファルトのさき 荒野こうや
いのちほのおえてる
きばけばオオカミ
れにせりゃヒツジ
せめぎあう自分自身じぶんじしん

あか血潮ちしお まる夕日ゆうひ
情熱じょうねつだけでドアはひらくか
身体一からだひと心一こころひと
きみかつ明日あしたしんじてみたい

一秒先いちびょうさき未来みらいきるために
ヒツジにいた
一秒先いちびょうさき未来みらいえるために
オオカミをいた

それでもいのちほのおえてる