1. ベテルギウス歌詞

「ベテルギウス」の歌詞 藤巻亮太

2012/10/17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
木星軌道もくせいきどうほどのおおきさで
ベテルギウスの孤独こどくふくがった
丁度ちょうどそのころ 地球ちきゅう裏側うらがわまで
トンネルをって自分じぶんさがしにったけど
夜明よあけをたずに かげとはぐれた

手紙てがみにはこうあった もうさがさないでください
そういうわけにもいかずまたいかけた
ちがくにからくにべつまちからまち
本当ほんとう自由じゆうにするたび価値かちはあるか
そのほし見上みあげて

そういかけた いつからだろう
こおりついたたましいをとかすよう

自販機じはんきやしたこころして
んだけれどまらないのどおく砂漠さばく
ぼくらの言葉ことばかげになってにげげてく そうやって
いつまでやみ自分じぶんほうむってゆくだろう

ひるよるもなくたまになって
ベテルギウスはオリオンをした
何億光年先なんおくこうねんさきぼくらの兄弟きょうだい
水蒸気すいじょうきになって宇宙うちゅうにばらまかれた
記憶きおく砂埃すなぼこり

まきらして草原そうげんらせ
いのちかぜまれわれ

未確認飛行物体みかくにんひこうぶったいれてかれた
ぼくかげがそのほしうえ 目撃もくげきされたあさ
ひかりはやさではしってつかまえた
そのかおはまるでくらうみそこ真水まみずだった

いくつになっても自分自身じぶんじしん
えるかな おそくないかな
のどおくかげこえれてしまう

誕生日間近たんじょうびまぢかのおやすみの言葉ことば
真夏まなつそら雷鳴らいめいおとさえも
こだまする はじける 途切とぎれる さすらう
明日あしたあさ 目覚めざめとともぼくらの背中せなかこうがわひと
ほし出来できる やがてほろかげぼくぼくかげ
光一ひかりひとやみひとめて ぜて まれてきた