「光をあつめて」の歌詞 藤巻亮太

2012/2/29 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
こたえはないけどうたつづいてゆく
かわながれのように無限むげんこうぎし
きみんだらなみだがこぼれちた
ひかり街角まちかどにも孤独こどくひそんでるんだね
ゆきどけのあおそらした 透明とうめいさくらはないていた

はるはるいまえなくても
薄紅うすべにはなびらがかぜうよ
きみぼくらはあるいてこう
いまはどんな未来みらいいろうしなったままだけど
ひかりをあつめて

太陽たいようないあさもカーテンをけてゆこう
わたどりんで タンポポのようにわらおう
あめたれるなら かぜかれるなら
未来みらいうれうより ぼくらはあるすよ
かなしくて見上みあげた夜空よぞらじて
こえてきたほしうた

はるはるいまとおくても
あのくもこうからのぼるよ
きみおもえば明日あすきられる
とき無常むじょうなかはなくとしんじながら
今日きょう

言葉ことばにならないおもいをかかえながらきている

はるはるいまえなくても
薄紅うすべにはなびらをむねいて
きみぼくえがいた明日あした
春風はるかぜいたなら そっとこころかぎ
ひかりをあなたに
ひかりをあなたに