「四季追い歌」の歌詞 藤巻亮太

2012/10/17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
朝露あさつゆ 一粒分ひとつぶぶん未来みらいひかり
のどおくかわきをうるおすにはりないけど
おはようってえるだれかをひとさが
ただいまってえるだれかをあいするだろう
はなころそらわたころ
出会であえたらいいね

夏草なつくさいかけて あつめて
ゆめがないならえばいい
マフラーにかおせて さくらをおくって
あいがなんだかからなくても

まどさんわすれられたふる五円玉ごえんだま
ぼくらのふるいごえんみたいにかなしくわらってる
をなくしたゆめそらはな
やりをなくしたこいつちかえそう
果実かじつがつくまで あめがるまで
太陽たいようのぼっていくんだ

朝顔あさがおたねいて ススキをらして
わりのさきでまたはじまる

くもんかけるもんか
ゆめならばここにあるだろう
春夏はるなつ秋冬あきふゆを もう二度にど出会であえぬいま

夏草なつくさいかけて あつめて
明日あしたがなくともいまがあるだろう
マフラーにかぜげて さくらわら
あいとはなにわかからなくても
もう一度いちど