1. 春の嵐歌詞

「春の嵐」の歌詞 藤巻亮太

2015/5/13 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
はるだまりをきみあるいてた
どこかとおゆめなか

校庭こうていさくら はじまりのかね
朝日あさひこうで途切とぎれた

しろいカイトにって二人ふたりべつ未来みらいなか

ゆきのように はなのように
出会であいとわかれが季節きせつむよ
かりをともそう こころなか
いま はるあらしえそうな

のオモチャをわざとくずすような
そんな明日あしたもとめてた

ペンキをかさねて二人ふたりべつのドアをくぐる

なみのように のように
カタチあるものがほしへとかえ
色褪いろあせたはずのむねいたみが
なぜはるあらしうずくのでしょう

一番最初いちばんさいしょ絵具えのぐいたおもすように

かりをともそう こころなか
みにく果実かじつんだつぼみ
いてうつくしい ってくるおしい
いま はるあらしえそうな
いま ぼくらのむね宿やどひかり