1. 砂時計歌詞

「砂時計」の歌詞 藤巻亮太

2012/10/17 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
ねむれずにひざかかえたよる ゆめきしめた

太陽たいようまわりをいま地球ちきゅうまわってるってだれもが
っているけれどむかし ひとぎゃくのことしんじてた
発見はっけん発見はっけんたね またつぎはなかせてゆく
ぼくらがつないだいのち どんな未来みらいかすかな

アインシュタインがきてたらなんてうだろう
仏陀ぶっだならだれすくったかな
どんな時代じだいにも過去かこ未来みらいがあって
みんなしあわさがしながらきていたはずさ

なんでもない今日きょうという
あなたと今過いますごせるとき
永遠えいえんだってまごうゆめきしめたって
こぼれてしまう砂時計すなどけい

そらきなおとこ いつかは青空飛あおぞらとべるかな
素敵すてき王子様おうじさまめぐえるといいね おんな

だれかをきずつけてしまうたびに
だれかにきずつけられるたびに
つよくなりたい やさしくなりたいって
だれもがそうねがいながらたたかっているよ

どうしようもない気分きぶんとき
つくわらいさえささくれて
こころれた風船ふうせんをもう一度青空いちどあおぞらけて
はなつまで

なんでもない今日きょうという
あなたと今過いますごせるとき
永遠えいえんなんかじゃなくってもきしめたくて
たぐりせるあわゆめ
今夜こんやねむりのなか ときすなもってゆく
あさ記憶きおくうえをはみして