「born」の歌詞 藤巻亮太

2015/5/13 リリース
作詞
藤巻亮太
作曲
藤巻亮太
文字サイズ
よみがな
hidden
きみまれたあさ
西にしそらのこほし
地球ちきゅうがゆっくりまわっていた
ちかくのパンのにおい
新聞配達しんぶんはいたつおと
いつもよりまぶしい太陽たいよう
歴史れきしわっていくよ

妖精ようせいだったころ記憶きおく
羽根はねかよった血管けっかんのあと
初雪はつゆきのようなしろはだ
未来みらい結晶けっしょうみたいなひとみ
ちいさなつめ いつならんで
中空ちゅうくうなにかつかもうとして
そのうちそれをにするか
いつかはそれを手放てばなすか
born

沢山たくさんひとしあわ
一身いっしんにあびて
微笑ほほえんできやんで
ねむっている
最初さいしょ記憶きおくなんて さい
ここから何年先なんねんさきからない
からないことだらけさ
いつか本当ほんとう目覚めざめて

運命うんめいねがいへととど
大好だいすきだよとひとわらうよ
かなしみがいほどにふか
くるしいときをこえやさしく
一人ひとりではきっときれない
だけども孤独こどくこわがるなよ
それさえ自分じぶん一部いちぶ
そこにあいそだつだろう
born

すべての国境こっきょうえて
あらゆる言葉ことばって
まぬ太鼓たいこのように
ふるえながらぼくきてるよ
ちいさなこえみみませ
おおきなこえまどわされるな
こころこえこえるか
そこにしあわせが宿やどっている
born born