「灯火」の歌詞 藤木一恵

2008/3/19 リリース
作詞
野口圭
作曲
朝本浩文
文字サイズ
よみがな
hidden
きながら ます
ゆめでさえ きみはいない
灰色はいいろあさがきて
それでも はじまる

出会であえた奇跡きせき意味いみがあるのなら
明日あしたをまたあいせると しんじて

ひとつとしたなみだ
いつかきみへとつながる
そんなちいさな灯火ともしび
まだこのむね かがやいてる

すりれた 隙間すきまには
孤独こどくだけ んで
さけびだす こえもない
それでも きてく
わすれたくなくて わすれたいおも
明日あしたをまたあいせると いのって

ひとつこころ
せん傷跡きずあとついても
そんなちいさな灯火ともしび
まだこのむね かがやいてる

あいしたとき そのおも やみれたすほどかがや
それでもざさずにきるから

ひとつとしたなみだ
いつかきみへとつながる
そんなちいさな灯火ともしび
まだこのむね

ひとつこころ
せん傷跡きずあとついても
そんなちいさな灯火ともしび
まだこのむね かがやいてる