「運命のストール」の歌詞 藤澤ノリマサ

2011/2/9 リリース
作詞
Satomi
作曲
J.S.バッハ・増田武史
文字サイズ
よみがな
hidden
突然とつぜんがったかぜ
歩道橋ほどうきょうから
まるで天使てんし羽根はねのように

そらおよぐストール

とっさにぼくはジャンプをして
つかんだ瞬間しゅんかん
クールな視線しせんにして
見上みあげた

そうたとえるとするなら
運命うんめいのストールが
ふたりをつないだ
はるのやさしさに つつまれながら

視線しせんからったまま
一瞬いっしゅん、すべてまった
まちかぜもきみもぼく
あわ陽射ひざしのなか

ハッとして歩道橋ほどうきょう
きみはあせって
ちょっとれながらお辞儀じぎして
わらった

ねぇ、はるあらしのなか
運命うんめいのストールが
ゆびれたとき
えることのない はなびらった

ねぇ、きみが宿命しゅくめいなら
予想よそう裏切うらぎりながら
直感ちょっかんのままに
こいちてゆく そんなもんだろう

そうあかいとじゃなくて
運命うんめいのストールが
ふたりをつないだ
なにかがはじまる そんながする