「さよならがあるから」の歌詞 藤田麻衣子

2014/12/3 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
発車はっしゃのベルに背中せなかされて
んだ車両しゃりょう
ゆっくりと景色けしきながはじめた

手渡てわたされてたふくろけると
みっつのおにぎり
いいのに もう むねまるよ

にぎってくれている姿すがたとがんばれのこえ
こえたがした
気持きもちがあたたかすぎて
なみだあふれるよ

さよならがあるから
またいたくなるんだね
さびしさをってわたしつよくなる
そうおもわなきゃいま
まださびしさにけそうで
えない明日あした まよいながら
一人ひとりあるした

今度こんどかえるから」いつもいながら
えずに時間じかんぎていくよ
元気げんきにしてるの?

よくせみった神社じんじゃ
秘密ひみつかく
なが通学路つうがくろ あの薄紫うすむらさきはな
まだいているかな

ながをあけてかえ
身勝手みがってわたし
わらない笑顔えがお
むかえてくれる
そのやさしさにずっと
ささえられてきたんだね
大切たいせつひとたちがいるまち
いつもわすれてないよ

さよならがあるから
またえるうれしさがある
はなれるからこそわかる
そばにいられたしあわ

一番いちばん大事だいじなのはものでもおかねでもない
ただそばにいて
一緒いっしょごせる時間じかん
ただ元気げんきでいて
それが一番いちばんねが
またえるから
がんばれるんだよ
笑顔えがおでいるよ

むねってあるいていくよ