「助手席」の歌詞 藤田麻衣子

2010/10/6 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
助手席じょしゅせききみすわるのは
どれくらいりだろう
きみあたらしいこい
すすんでいるのをってて

友達ともだちとしてだなんてって
連絡れんらくるのは
やっぱりルール違反いはん
なのかもしれない

まどそとはるあらし
マンションのした
くるまめて
記憶きおくよみがえ

はじめてきみきしめた
この場所ばしょくるまめて
はなれられずにはなつづけた
そらあかるくなっていたね

十分じゅうぶんつたえきれないまま
意地いじったままで
わった二人ふたりだったのに
今日きょうぼく

もうきみへの気持きもちなんて
ないりをした
きみいまにも
しそうなかお

二人ふたりこいはもうわったんだ
なのにそんなかおしないでよ
もしいまきみきしめたなら
ぼくもとてくれるの

きみ言葉ことばまらせて
それでもしっかりと
つたえてくれた

はなせてよかったやっぱり今日きょう
素直すなおになれなくてごめん
これで最後さいご友達ともだちでいたら
また連絡れんらくしてしまうから

きみわすれよう
もうわすれよう
かれしあわせになるって
その言葉ことばきたかったから
これでまえすすめるから

もうわすれよう

きみわすれよう
もうわすれよう