「土曜日、ゆずらない私」の歌詞 藤田麻衣子

2010/1/13 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
土曜日どようびまち
とりあえずわせたけど
昨日きのうからのケンカが
今日きょうもまだくすぶってる

つないでくれたら
素直すなおはなせるのに
どんどんさきっちゃうし
っても一度いちど
てまたあるいてく

あたまにきて方向ほうこうえて
はいったビルのエスカレーター
一人ひとりがり 二階にかいのベンチに
すわってもううごかない

七階ななかいまであるフロア
うごいたら出会であえない
うごかなくても結局けっきょく
きみないと出会であえない
ぎていくだけの
本当ほんとう無駄むだ時間じかん

きみいそうなこと
もう予想よそうがつくよ
勝手かってはなれたくせに
なんでむかえにかなきゃ
いけないんだよ」でしょ

いつもきみ
そのとおぎて
ゆめがないことしかわない
気付きづいてほしい女心おんなごころなど
まったくわかってないの

どうしていかけて
きてくれないの
わたしからはなそうが
うしろにあるこうがそこはさぁ
きならいかけて
きてはしいんだよ

あのときはまだ出会であった
ばかりだったけど
そのひとみおくまれて
このひとだっておもったの
間違まちがってたのかなぁ
わたしあきらめたくない
だから絶対ぜったいうごかない

かべにもたれてふてくされて
足元あしもとてたら
わたしまえまった
たった一人ひとりひと

てくれたのもうはなれない
二人ふたり仲直なかなおりのはすが
あれまだおこってるの
かおてるよ
本当ほんとうきみむずかしいひと
おもどおりにはいかないのに
きみじゃなきゃ
だめなのはどうしてだろう

土曜日どようびはこれから
はや機嫌直きげんなおして
土曜日どようびはこれから
あぁわらってくれた