「夜明け前、君と」の歌詞 藤田麻衣子

2007/7/11 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
気付きづけばそとあかるくなりはじめた 映画えいが再放送さいほうそうわってる
頬杖ほおづえついてちくたびれたきみくちけてねむってる
欠伸あくびしながらぼくわら

きみ寝言ねごとなかぼく名前なまえんだ
単純たんじゅんだけどすこうれしくなったんだ

たぶん明日あしたにはきみおぼえてないだろうな
しずかにてるとかわいいんだけど ってってみた

すると眉間みけんにシワがった それをてまたぼくわら
おかしさといとしさで おもわず笑顔えがおになる

テレビをているとはなけるきみ 大事だいじなのはたぶんはなしじゃなくて
サッカーときみ ぼくがどっちをるか きみためしているんだ
だからぼくみみをすませる

適当てきとう返事へんじしたら きみ機嫌きげんわるくなって
テレビの電源でんげんられそうだから

すこしのきみのことが わかってくるほどぼく
やさしい気持きもちになれるように なったんだ

おもうのはそんなふうに ためさなくていいよ いつだって
ぼくきみ言葉ことばけっしてのがさない

たしかにきみはわがままで ぼくこまらせるけれど
ぼくにしかえない そうおもっていたいんだ

今日きょうはきっと寝不足ねぶそくだ だけどもうすこしだけきみ
寝顔ねがおていたいとおもった 夜明よあまえ

寝顔ねがおていたいとおもった 夜明よあまえ