1. 宝物歌詞

「宝物」の歌詞 緋色の欠片 第二章 ED 藤田麻衣子

2013/2/13 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
これがこいだとづいたから
きみ上手じょうず
はなせなくなったっけ
意識いしきして 戸惑とまどって

臆病おくびょうですぐしたいてた
そんなわたし
こころかべきみ
こわしてくれたよね

あのとき「できるよ」って
ってくれたから
むねおくギュッとひびいて
がんばれるがしたよ

こいしくていた
いとしくてれた
わすれないよ いまもずっと
かがやいてるよ
となりわらった
とおくでねがった
きみった気持きもちすべてが
大事だいじ宝物たからもの

わたし一人ひとりなやんだとき
がるとき
弱音よわねいたとき
いつでもきみがいた

夕日ゆうひながかげ
つくるかえみち
きみ背中せなか つめながら
「ありがとう」あふれるよ

いたくていた
ちわびてれた
じれば おもして
せつなくなるよ
みんなでわらった
二人ふたりねがった
きみった気持きもちすべてが
えない宝物たからもの

すこまえあるきみ
ふとあしかえ
って わらいかけて
これからも
そばにいたいとねがうよ

こいしくていた
いとしくてれた
わすれないよ いつもきみ
おもっていたよ

こいしくていた
いとしくてれた
わすれないよ いまもずっと
かがやいてるよ
となりわらった
とおくでねがった
きみった気持きもちすべてが
大事だいじ宝物たからもの

えない宝物たからもの