1. 忘れた恋の始め方歌詞

「忘れた恋の始め方」の歌詞 藤田麻衣子

2013/6/12 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
こいはするものじゃなく
ちるものだっていう
ぼくはしようとしていたような
するもないような

としかず 臆病おくびょうになる
先読さきよみばかりしてる
無理むりしてまで一歩いっぽ
にもなれず

いつもそんなふうに
本当ほんとう自分じぶん
ごまかして ごしてきたから

わすれたこいはじかた
何一なにひとおもせなくて
ひとはどんなふうにはじまりに
づくのだろう
わすれたこいはじかた
今一いまひとおもせなくて
きみにぎるタイミング
つけられずにいる

づけばいつもなぜか
自然しぜんはなせるきみ
だけど恋愛れんあいとなると
またぼくまる

きみがシャツのすそ
いて ぼくゆび
にぎるから ついはぐらかした

わすれたこいはじかた
何一なにひとおもせなくて
ひとはどんなふうに感情かんじょう
かくすのだろう
わすれたこいはじかた
今一いまひとおもせなくて
ぼくれたきみ
まだにぎれずにいる

なんでもないかおをしても
れたのはバレたがした
きみはほほえんで
そのままつないでくれた

わすれたこいはじかた
どこかであきらめかけてた
こんな気持きもちにまだ戸惑とまどいを
かんじてるけど
わすれたこいはじかた
何一なにひとおもせなくても
ぼくなりの方法ほうほう きみとなら
つけられるがした

つぎはきっとぼくきみ
にぎるから

わすれたこいはじかた
ぼくなりのこいはじかた
わすれたこいはじかた
ぼくなりのこいはじかた

つけられるがした