1. 戸惑い歌詞

「戸惑い」の歌詞 真・翡翠の雫~緋色の欠片2~ OP 藤田麻衣子

2010/10/6 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
がったいきととのえて
ってしまった
終電しゅうでん見送みおくって
芽生めばえる戸惑とまどいの感情かんじょう

海浜かいひん公園こうえん遊歩道ゆうほどう
二人ふたりあるいて
いつもよりすこ
強引ごういんかんじるのはのせい

かりのえた
観覧車かんらんしゃ 湾岸線わんがんせん
始発しはつまであと四時間よじかん

戸惑とまど理由りゆう
こわいのかれて
偶然ぐうぜんれるだけで
鼓動こどうみゃく
きになってもいいの?

対岸たいがんひろがる
よる高層こうそうビルは
航空こうくう障害しょうがいとう
あか点滅てんめつつづけてる

きたい言葉ことば
はぐらかすような返事へんじ
もっとりたくなるのに

空気くうきもあなたも
いつもとちが
だれにでもこんなもどかしい
気持きもちになるわけじゃない
づいてほしいこころ

すずしい夜風よかぜ
背中せなかされる
偶然ぐうぜんれるだけで
鼓動こどうみゃく
きになってもいいの?

だれにでもこんなもどかしい
気持きもちになるわけじゃない
すすんでしまうこころ

しずまるおと
高鳴たかなむね
ちかづく距離きょり
ときまる