「水風船」の歌詞 翡翠の雫 緋色の欠片2 OP 藤田麻衣子

2012/5/9 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ならんだリンゴあめ あなたとあるみち
気持きもち はやるように ひびきわたる太鼓たいこおと

するりと水風船みずふうせん ゆびをすりぬけた
地面じめんでやぶれはねたみず 浴衣ゆかた裾濡すそぬらす

なつのせい こいじゃない
せつなくなるのは
きずつくだけだと 歯止はどめをけたそのとき

せられた こころおと よるかぜ
戸惑とまどいながらも もっとあなたをりたくなる

すこしあたたかいかぜ ほほをかすめてく
とおくではじめた かみなり空見上そらみあげる

くもなつく まだかえりたくない
れてくれた
理由りゆうきたくてけない

となりならんで ただだまって のぼりざか
歩幅合ほはばあわせてくれる やさしさもいとしくなる

やぶれた水風船みずふうせんは もうもどらない
気付きづいてしまったわたし

もうかえせない

せられた
わたしかみ れたゆび ほかだれかじゃなくて
あなたのぬくもりがいい