1. 環状8号線歌詞

「環状8号線」の歌詞 藤田麻衣子

2008/10/8 リリース
作詞
藤田麻衣子
作曲
藤田麻衣子
文字サイズ
よみがな
hidden
きみきだと
気付きづいたのは
いたいです」と
きみった あの
気付きづけばきみいえかってた

こんな時間じかん
つかれてるのに
ぼくくんだって
自分じぶんらしくない行動こうどう
自分じぶん一番いちばんおどろいた

明日あしたのことも
気持きもちのきも
そんなのどうでも
いいとおもった

はやきみいたくて
信号しんごうちさえも
もどかしかった
えたときうれしそうに
ぼくわらいかけてくれたきみ
ぼくわすれない

よる公園こうえん
だれもいなくて
いそいでいに
ったくせに ぼく
全然ぜんぜん上手うまはなせなかった

言葉ことばさがして
時間じかんかかるぼく
あのとききみはあきれて
いただろう?

きみきになりぼく
自分じぶんのことよりも
だれかのことを
おも気持きもちがこんなに
しあわせなことだとわかったんだ
だからそばにいてよ

何度なんどでもこうしてきみもと
ぼくかうんだろう
何度なんどでもきみわらったかお
ぼくたいから

はやきみいたくて
信号しんごうちさえも
もどかしかった
えたときうれしそうに
ぼくわらいかけてくれたきみ
ぼくわすれない

きみきになりぼく
自分じぶんのことよりも
だれかのことを
おも気持きもちがこんなに
しあわせなことだとわかったんだ
だからそばにいてよ

ぼくのそばにいてよ