「楓」の歌詞 藤重政孝

2008/2/8 リリース
作詞
藤重政孝
作曲
林浩司
文字サイズ
よみがな
hidden
はじまりさえ見当みあたらない二人ふたりこいにはわりなど
秋空あきぞらがれた樹々きぎかた季節きせつ

いろながれてく無感情むかんじょう言葉ことば
つよがりのこうぎしえた「さよなら」

わらないゆめてた きみがくれたぬくもりにつつまれて
たとえそれがうそでもかった 傷付きずつくならうそかった

ひとしきりはしゃいだあとにやってくるあさがいつもきらいで
ぼくうつるすべてこおらせたいとねが

おとくすりける無表情むひょうじょう時間じかん
ひとつまたひととおかすんでれる

あのくれた眼差まなざしが いまぼくまぶたいて
たとえそれがうそでもかった はだかのままあいせたから

いつの永遠えいえんえるなに
たびつかるのかな

わらないゆめてた きみがくれたぬくもりにつつまれて
たとえそれがうそでもかった 傷付きずつくならうそかった

あのくれた眼差まなざしが いまぼくまぶたいて
たとえそれがうそでもかった はだかのままあいせたから