「星の君」の歌詞 蝶々P,初音ミク

2011/11/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
地球ちきゅう一番綺麗いちばんきれいなもの
地球ちきゅう一番愛いちばんいとしいもの

いまではもうぼくそばはなれてしまったけれど
こんなふうきしめていたい

地球ちきゅう一番近いちばんちかいもの
地球ちきゅう一番遠いちばんとおいもの

いまでもまだぼくそばわらずにのこってる
はなすように、うたうように…

たとえば明日あしたにはえてしまうとして
なにのこせるものはあるだろうか?
ばしたままでたかそらあお
夕日ゆうひしずむまではここにようか

地球ちきゅう一番眩いちばんまぶしいもの
地球ちきゅう一番優いちばんやさしいもの

いまでもまだ色褪いろあせずにかがやつづけている
かたるように、つつむように…

ここからうみがもしあかいとしたら
ぼくらのいる世界せかいはあるだろうか?
ばしたままでたかそらあお
夕日ゆうひしずむまではここにようか

きみわらえること、きみあいせること
そのどれもが奇跡きせきえるのなら
きみとのおももこれからの未来みらい
そのすべては軌跡きせきえるんだ

たとえば明日あしたにはえてしまうとして
なにのこせるものはあるだろうか?
ばしたままでたかそらあお
夕日ゆうひしずむまではここにようか