「本トの気持ち」の歌詞 袴田吉彦

2009/5/12 リリース
作詞
里見匡一
作曲
里見匡一
文字サイズ
よみがな
hidden
いつもどおりギャグをとばす
いつもどおりあまりうけず
いつもどおりやたらべる
オレをてためいきをつく
風邪かぜ寝込ねこんだ人向ひとむけて
「やっとしずかに
なった」と
よわるオレにケリをれる
そんなときはオニにえる
いつもオレがあげた
指輪ゆびわせてにらむキミの
ほんトの気持きもちは
キツくうでにしがみついて
どうしてオレのこと
いいんだろう
ころんでハナをかんだり
ネグセにバカアレンジ
くわえたり
そんなオレをてるキミは
なぜかしあわせそう
れた火曜日かようび 昼下ひるさがり
突然とつぜん サイフなくなった
やはりかなり 文句もんく
そんなときもオニにえる
はじめてスキになった
キミとすこ
ちがうキミがいる
きしめると
いつもどお
あたたかいのに…
なにかつらいことがあると
キミはへん
オレにやさしくなる
こんなにちかいキミのこと
いったいどのくらい
ってんだろう
たまにせる不安ふあん
オレをあせらせてる

キツくうでにしがみついて
どうしてオレのこと
いいんだろう
ころんでハナをかんだり
ネグセにバカアレンジ
くわえたり
すぐにキミをきになった
はじめて本気ほんきひとあいした
いつもキミをつめている
だけどったら
すぐにそらす
そんな二人ふたりはいつまでも
こんなかんじなんだろう
オレのどこが
いいんだろう