1. 炎歌詞

「炎」の歌詞 西城秀樹

1978/5/25 リリース
作詞
阿久悠
作曲
馬飼野康二
文字サイズ
よみがな
hidden
あなたの からだは
あまりに つめたい
こころあつさを
さがせやしない
それとも ガラスの
細工さいくのような
キラキラ きらめく
こおりのハートか
あなたに 出会であった
不幸ふこうおもえば
このさき かなしむ
ことなどないさ
きりきりいする
おとこつめ
こころのどこかで
わらっているのか
アアア… 一生一度いっしょういちどなら
ピエロも主役しゅやく
あなたの こころ
かしてみせる
アアア… こいとはたたかいと
らされたからは
ほのおこおり
かしてみせる

あなたの言葉ことば
すべてをうしな
迷路めいろをさまよう
おとこになった
くちびる
ナイフのように
こいする おとこ
つきてるのか
あなたを いつか
このきしめ
このったと
わせてみせる
それまで つめたい
孔雀くじゃくのように
つばさをひろげて
おどっているか
アアア… 一生一度いっしょういちどなら
ピエロも主役しゅやく
あなたの こころ
かしてみせる
アアア… こいとはたたかいと
らされたからは
ほのおこおり
かしてみせる
アアア…

アアア… こいとはたたかいと
らされたからは
ほのおこおり
かしてみせる
アアア…