1. 池上線歌詞

「池上線」の歌詞 西島三重子

1976/4/11 リリース
作詞
佐藤順英
作曲
西島三重子
文字サイズ
よみがな
hidden
ふる電車でんしゃのドアのそば
二人ふたりだまってっていた
はな言葉ことばをさがしながら
すきまかぜふるえて
いくつえきぎたのか
わすれてあなたにいたのに
じっとわたしつめながら
ごめんねなんてったわ
いてはダメだと
むねにきかせて
しろいハンカチを
にぎりしめたの
池上線いけがみせんはしまち
あなたは二度にど
ないのね
池上線いけがみせんられながら
今日きょうかえわたしなの

終電時刻しゅうでんじこくたしかめて
あなたはわたしえき
かどのフルーツ
ショップだけが
あかりともす 夜更よふけに
商店街しょうてんがいとお
踏切渡ふみきりわたったときだわね
っていますよと
つぶやいたら
突然抱とつぜんだいてくれたわ
あとから あとから
なみだあふれて
うし姿すがたさえ
えなかったの
池上線いけがみせんはしまち
あなたは二度にど
ないのね
池上線いけがみせんられながら
今日きょうかえわたしなの