「はてしなく青い空を見た」の歌詞 金田一少年の事件簿 ED 西脇唯

1999/2/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
ちてゆくコインが
アスファルトころがる
販売機はんばいきけとばし
あなたがふざけて
はし
かぜ感触かんしょく
ずっともうわすれてた
真夜中まよなか街路樹がいろじゅ
昨日きのうのしずくが
あたまをなでた
どこまでも
かけてゆきたい
ゆびをからませながらおもった
自由じゆう陽気ようき恋人こいびと
一緒いっしょわらいころげてたい
めぐりあえたことが
いちばんの「大切たいせつ
どんなあなただって
わたしならあいせる
だれよりもたしかに
つめてる

ふだえて
階段かいだんをのぼった
んだ 屋上おくじょう
見知みしらぬビルから
夜明よあけをった
ポケットでかるれてた
かんビールが
しぶきをあげる
大好だいすきなひとわらうと
なぜこんなに
うれしいんだろう
きよせた両手りょうて
いとしさがあふれる
はしゃいでころんで
デタラメをうたった
はてしなくあお
そら
まちなか部屋へやなか
見回みまわしてみたって
えたって
いいものばかり
この「こい以外いがい全部ぜんぶ
かたにほほをせて
とおをこらした
ふたりでいることが
それだけでいいことが
せきたてる時間じかん
こわしてく
めぐりあえたことが
いちばんの「大切たいせつ
どんなあなただって
わたしならあいせる
だれよりもたしかに
つめてる