1. もう一度会ってはくれませんか歌詞

「もう一度会ってはくれませんか」の歌詞 見田村千晴

2014/4/16 リリース
作詞
見田村千晴
作曲
見田村千晴
文字サイズ
よみがな
hidden
わたしがここにいるのには一体いったいいくつの理由りゆうがあって
あなたがここにいないのにはいくつのただしさがありますか
たたかわせたらけてしまうことなんて重々じゅうじゅうかっているんだけど
それでもあたたかくなってきたし わたしすこ綺麗きれいになったし
もう一度いちどってはくれませんか

あまやかされてそだったわたしはどこまでも楽観的らっかんてきにできていて
なやみやすいあなたのことを 正直しょうじきかりきれないでいます
致命的ちめいてきなミスもなな十五日じゅうごにちえるんじゃないかって そんなわけはないんだけど
それでもやさしくなりたいんです もうすこつよくなりたいんです
もう一度いちどってはくれませんか

そべった夕暮ゆうぐれを
いて バスはゆく
さきはどこでもいい
あなたがもういないこと
ねがいまだけ
わすれさせてよ

想像力そうぞうりょく欠如けつじょ ようするに子供こどもだったんでしょう
わたしっているあなたはあなたのうちのほんの一部いちぶでしかなく
"らない"ということに対峙たいじする毎日まいにちは どんどんといろをなくしていくんだけど
それでも写真しゃしんなかあなたは やさしい緑色みどりいろのシャツを
今日きょうわらいかけてくれますね

最後さいごった嫌味いやみなくらいにれていて
あなたとの会話かいわわたし 一語いちご一句いっくちがわずおぼえています
自分じぶんでも気持きもちがわるいとおもうけれど 本当ほんとうのことなんです
それでもいつか色褪いろあせていくんでしょうか そんな自分じぶんならころしてしまいたいんです
そうしたらあなたにえますか

りばめた街灯がいとう
んで バスはゆく
ありふれたはる
わたしだけとしをとる
あなたの「おめでとう」
二度にどけずに

大切たいせつなものはそれをうしなってから気付きづくという
だけどわたしにはずっと大切たいせつだった
すべてに意味いみがあるとはおもわない 運命うんめいただしいともおもわない
バスがれる こぼれたなみだはあなたのぬくもり

そべった夕暮ゆうぐれを
いて バスはゆく
さきはどこでもいい
あなたがもういないこと
いまだけ いまだけ
わすれさせてよ

わたしがここにいるのには一体いったいいくつの理由りゆうがあって
あなたがここにいないのにはいくつのただしさがありますか

もう一度いちどってはくれませんか