「ペーパードライバー」の歌詞 見田村千晴

2015/3/18 リリース
作詞
見田村千晴
作曲
見田村千晴
文字サイズ
よみがな
hidden
財布さいふなかねむっている
きずひとついまま出番でばんいまま
られた写真しゃしん間抜まぬけなかお
でもどこかほこらしげな自分じぶん

あたまなかえが手順てじゅん
ただしくそつなくうつくしく
出会であ人皆ひとみな とりこにしちゃうのに

半人前はんにんまえのまま わたし ペーパードライバー
教科書通きょうかしょどおりに出来できないことばっか
どうどめぐ気付きづけばわたし ひと
きみんとこけないや このままじゃ
とどかない

かえみち途中とちゅうやっとつけた
きずついたきみに かけるべき言葉ことば
いつたってそうだ わないんだ
「ありがとう」のメールにかえす「ごめんね」

ったりたりでアピールして
だれかのたすけをつだけの
そんな毎日まいにちはもうててしまわなきや

簡単かんたんだってったじゃない,先生せんせい
おおきくなるほど出来できないことばっか
清純せいじゅんぶったあのむすめみたいに
ひらひら世渡よわたっていけたなら
いいのに

等身大とうしんだいわたし」という怠惰たいだ正当化せいとうか
けるうた!」という感動かんどう
「いつもキレイに使つかってくれてありがとう」ふるえる脅迫きょうはく
うたがわしい世界せかいだ この両目りょうめまどわせてみて

講釈垂こうしゃくたれるだけわたしペーパードライバー
衝動しょうどうなんてせないままだ
大事だいじなものひとまもれたら
胸張むねはっていいですか?

半人前はんにんまえのままわたしペーパードライバー
教科書通きょうかしょどおりにできないことばっか
どうどめぐ気付きづけば私独わたしひと
どこへもけないやこのままじや
とどかない