1. 飴色の街歌詞

「飴色の街」の歌詞 角松敏生

1989/9/6 リリース
作詞
角松敏生
作曲
角松敏生
文字サイズ
よみがな
hidden
まどから九月くがつ気配けはいけめぐる記憶きおく
きっとわすれられるはずだから
一言ひとことげず くことをゆるして
ドアをめて まちには いつもどおやさしい日々ひびがある
Baby だけどこのままいたら
このおもいさえ うそになる それほど きみあいしていた
なに出来できずに Good-bye Girl

さよならときめいた日々ひび二度にどもどってはこない
いつも身勝手みがってなこと だれでも
出会であったときには こんなおもはじめてと
しんじたことからつづいてせつない日々ひび だけど それでいい
Baby ぼくらはいつも
I Love You うそじゃなかった
ごらんよ そら季節きせつ今渡いまわたっていく
あののままに Good-bye Girl

My Girlどんなとき微笑ほほえけてくれた
きみわすれないから
I Love You もう一人ひとりでも うまくやれる
はししたら もうとおざかる 飴色あめいろまち………
I Love You Girl………