「疾走」の歌詞 角田晃広(東京03)+大竹マネージャー

2009/9/30 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
そうさ今日きょう明日あしただとしても きっとざしたくちひらくことはない
たぶんこのさき 月日つきひがたったとしても ううん ありえない
なにうことはない

オー アイ ドン セイ ソー マスト フォーエバー
オー アイ ドン セイ ソー マスト フォーエバー
した さない った わない そんなやりとりせたくない
セコイ うるさい こころちいさい そんなぼくだと われたくない

オー アイ ドン セイ ソー マスト フォーエバー
オー アイ ドン セイ ソー マスト フォーエバー
はらはらわん 結局けっきょくそうだね そんなパターンで げるかい
まるで 当然とうぜん ぼく背負せおうね こんな常識じょうしき つづくのかい

あぁなんおとこはらうんだ おとこがおかねはらうんだ
きみたのしみ きみごした時間じかん すべぼくばら
かねはみんなぼくばらい メンズ ペイ オールマネー オールマネー

ぼくらがおさないころ メガネをかけたおじさんが「イマジン」をうたっていた
人々ひとびと平等びょうどうだし たたかいは無意味むいみだし あいすべてとうたっていた

じゃあなんおとこはらうんだ おとこがおかねはらうんだ
きみえらきみしょくしたもの すべぼくばら
きみ私物しぶつぼくばらい ウーメンズ ペイ ノーマネー ノーマネー

デート 絶対ぜったい おとこはらおんなはらえと 絶対ぜったいえない
おとこむねにしまいこむ「おんなまえはらえ」という言葉ことば

それをむねぼくはしつづける それをむねぼくはしつづける
それをむねぼくかねはらつづける