1. 『プレイス・オブ・ピリオド』歌詞

「『プレイス・オブ・ピリオド』」の歌詞 諫山実生

2008/12/3 リリース
作詞
志倉千代丸
作曲
志倉千代丸
文字サイズ
よみがな
hidden
静寂せいじゃく」と「追憶ついおく」の支配しはいが、不意打ふいうちななみだになる。
特別とくべつ」とべるこのそらから、
いつのにかねつった。

過去かこつな境界線きょうかいせんふさ日々ひびえられなくて
わりにしよう」かえおもい。その瞬間しゅんかん
あつくなる。うれしさの、なみだこうで
仲間達なかまたちわらうから

ささやかで、ちっぽけな、こころいたはなは。
だれかの気持きもちでいろまとう。
かけがえのない、いくつもの場面ばめん
うれしさも、かなしみも、きるあかしになる。
あやまちも傷跡きずあともそのままめよう。
いやされることじゃなくて、ただ明日あすしんじるなら…。

戸惑とまどいと悪戯いたずらのさだめは、無邪気むじゃきかおやみいざなう。
大切たいせつ」とべたこの景色けしきは、わずかなこえゆめうしなった。

いきころよるながく、ただふるあさっているだけ。
絶望ぜつぼうふちひかりとどかないそんな場所ばしょ
ばし、しんい、ささえてくれる
ともかおいとしくて

つきかげはなる。繊細せんさい均衡きんこう
だれかの言葉ことばささえられる。
大切たいせつなもの、それは「いのち」だと
げられた、その意義いぎを、つぎつたえよう。
後悔こうかい失望しつぼうおもさがつらとき
ことおそれず、ただ明日あすしんじるなら…。

ささやかで、ちっぽけな、こころいたはなは。
だれかの気持きもちでいろまとう。
かけがえのない、いくつもの場面ばめん
うれしさも、かなしみも、きるあかしになる。
あやまちも傷跡きずあともそのままめよう。
いやされることじゃなくて、ただ明日あすしんじるなら…。