1. サヨナラなんて言えそうにない歌詞

「サヨナラなんて言えそうにない」の歌詞 諸星和己

1994/3/2 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
なみだする何度目なんどめわかれだろう 出逢であってから
いつだって正直しょうじきになれないのはぼく

っすぐにあいしたいのに 不器用ぶきようかせてばかり
きみうしなたび せつなくてくるしくて もっときになって

サヨナラなんてえそうにない いままでも これからでも
ケンカしたって 傷付きずついたって
まだきみれてるから

友達ともだちもあきれかえってるよね ぼくらのこと
記念日きねんびおおすぎてわすれそうなくらい

大好だいすきでたのしい日々ひびも さみしくてねむれぬよる
かさねていくほど つよくなるこのむねおもいとしくて

サヨナラからはじまるこいもある そのたびあつふか
しんじてしい あずけてしい
もう一度いちど きみすべ

きしめたいだれよりもきみのこと まもりたいそのこころ
いつでもぼくつめてるよ
はなれても きだから

サヨナラなんてえそうにない いままでも これからでも
ケンカしたって 傷付きずついたって
まだきみれてるから

サヨナラからはじまるこいもある そのたびあつふか
しんじてしい あずけてしい
もう一度いちど きみすべ

まだきみれてるから