1. 一匹狼歌詞

「一匹狼」の歌詞 諸星和己

1994/3/25 リリース
作詞
松井五郎
作曲
水政創史郎
文字サイズ
よみがな
hidden
夜空よぞらめぐほし
さびしそうに おれ
ほんとに いたいこと
さえすべて
かぜになってゆく
いつも孤独こどく
えやしない
あいはなんにも
すくえやしない
なみだがちぎれるまで
ずっとひとりで
かまわないさ
やすらぎからはぐれて
きずついた昨日きのうに さよなら
woo・・・woo・・・
わずかなゆめのために
なにか また くすのか
おまえのうで
かれてねむ
そんなときにさえも・・・
いつかしんじるものが
しい
どこへもいかないものが
しい
なみだがちぎれるまで
ずっとひとりで
かまわないさ
ためいきまでさらして
とどかない明日あしたに さよなら
woo・・・woo・・・
いまはなぐさめが
あればいい
しずかなおも
あればいい
なみだがちぎれるまで
ずっとひとりで
かまわないさ
やさしさからはぐれて
きずついた昨日きのうに さよなら
かなしみにけて
おれはひとりで
かまわないさ
さまようしかなくても
むくわれぬ季節きせつにさよなら