「瞳の中のモラル」の歌詞 谷村奈南

2007/5/30 リリース
作詞
葉山拓亮
作曲
葉山拓亮
文字サイズ
よみがな
hidden
どうして肝心かんじん瞬間しゅんかん本心守ほんしんまもるように
臆病おくびょうなほど つくろうの
用意よういしてたような着飾きかざった言葉ことば態度たいど
一皮ひとかわむけばガラスのようです

邪魔じゃましているプライドで 身動みうごきさえとれずに
すくいをもとめたあなたも
その視線しせん ごまかしてる そんなタテマエ

ひとみなかのモラルから してきしめてよ
約束やくそくもしないまま 明日あすごせない
あきれるほどつめてたい
この自由じゆう うばわれたい
こんなにものぞむのは 欲張よくばりなゆめ?

あなたがもしも 天使てんしでもそれ以外いがいのものでも
かまわないって 自信じしんあるのにね

よく映画えいがみたく きれいにまとまらない
それがかなしい現実げんじつでも
いたくて ねむれなくて かえして

ひとみなかのモラルなら そのヒモはなって
つづけるおもいの ぜんぶつたえたい
けちゃうほどにきだから
間違まちがいでもいいから
こんなにもしいのは あなたのホンネ

きっと明日あすいたくて ねむれなくて
かえして もうわらない

ひとみなかのモラルから してきしめてよ
約束やくそくもしないまま 明日あすごせない
あきれるほどつめてたい
この自由じゆう うばわれたい
こんなにものぞむのは 欲張よくばりなの?

ひとみなかのモラルなら そのヒモはなって
つづけるおもいの ぜんぶつたえたい
けちゃうほどにきだから
間違まちがいでもいいから
いつだってしいのは あなたのすべて