「はじまりの物語」の歌詞 谷村新司

2012/7/18 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
あいされる日々ひびちながら くらしていた
気付きづかないうちに 自分じぶんめてた
わたしこころ素直すなおこえ きたいから
たびめたときわたしのはじまり

見知みしらぬひとなのに こえかけてすれちが
何気なにげないあいさつが 背中せなかしてくれる

わたしわる 予感よかんなか トキメくむね
わたしわる いにしへのまちから

ちちはは出逢であい このわたし まれてきた
たりまえのことに こころがふるえている
あいされるよりも あいしながら きていたい
たびかぜなかわたしがはじまる

見知みしらぬひとなのに こえかけてすれちが
おだやかなほほえみが 背中せなかしてくれる

わたしわる 予感よかんなか トキメくむね
わたしわる いにしへのまちから

かえしのない こころひらく 本当ほんとうたび
いのち切符きっぷくしたいから

わたしわる ときをこえた 出逢であいのたび
わたしわる はじまりのまちから

わたしわる ときをこえた 出逢であいのたび
わたしわる はじまりのまちから