「モーニング・コール」の歌詞 谷村新司

1984/1/21 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
会社かいしゃまでのみちすがら おきまりのまちかど
貴方あなたへのモーニング・コール
ダイヤルにはずむ しろいこの指先ゆびさき
かんじてた 年上としうえわたしだけれど
いつからかこれがわたし
きがいになってしまっていたの

会社かいしゃがえりのにぎわいのまち
地下鉄ちかてつつづくネオンのみち
笑顔えがおのままで家路いえじいそ
人混ひとごみのなかにはならない
不思議ふしぎね…

学生がくせいだとバカにしてた 出逢であったころわたし
貴方あなたへのモーニング・コール
最初さいしょは ほんの冗談じょうだんだったのに
いつからか かけるときのときめきに
気付きづいてしまったときから
口紅くちべにいろうすくしたのに

あれはあめいつものように
はずむ指先ゆびさきまわしたダイヤル
電話でんわこうではしゃぐおんなこえ
つくろう貴方あなたこえとおくで
こえた…

会社かいしゃまでのみちすがら おきまりのまちかど
わたしだけのモーニング・コール
だれない自分じぶん部屋へや片隅かたすみ
ひび電話でんわのベルを自分じぶん
としかずまでかぞえたら あかるくまちてゆくわ