「冬木立」の歌詞 谷村新司

1974/11/5 リリース
作詞
谷村新司
作曲
馬場ひろふみ
文字サイズ
よみがな
hidden
こおろぎのこえ チロチロきこえる
六畳ろくじょう一間ひとまいろあせた部屋へや
ゴロンとねころび 電燈でんとうをみてると
何故なぜかぼやけて あかりがかすむ
まどそとには終電車しゅうでんしゃ
まどそとには終電車しゅうでんしゃ

おもつづけて ただひたすらに
人混ひとごみのなか貴方あなたをさがす
出逢であうはずない この運命うんめいならいっそ
故郷こきょうをすててげてゆきたい
それも出来できずに季節きせつはめぐる
それも出来できずに季節きせつはめぐる

はるかなしい足跡そくせきのこして
なつ日照にっしょうをこがしながら
なに出来できずに ちて
つめたい部屋へやもど
いつしかそと冬木立ふゆこだち
いつしかそと冬木立ふゆこだち