1. 花束-最後の汽笛-歌詞

「花束-最後の汽笛-」の歌詞 谷村新司

2009/3/11 リリース
作詞
谷村新司
作曲
谷村新司
文字サイズ
よみがな
hidden
いま汽笛きてきらし最後さいご汽車きしゃはし
あせとすすにまみれはしつづけてきた機関士きかんしがいた
むすめは19 はるになれば花嫁はなよめになってしまう
それが つらくもありうれしくもある
そんな父親ちちおやだった

このえきのはずれでいてた子供達こどもたち
成人式せいじんしきえて都会とかいへとってもどらない
ルリいろうみ
右手みぎてひろがりとおりすぎる踏切ふみきりはかつて
つまいていえおものあの場所ばしょ

昨日きのうよるのこと むすめがぽつりつぶやいた
かれのぞんでる都会とかい
わたしもついてきたい"おねがい"
"いいよ"と陽気ようきっはみたが
おもせるどころか
めないさけびるほど
天井てんじょうつめていた

この汽車きしゃ最後さいごえきいたそのときには
わたし人生じんせい仕事しごとはすべておわってしまう
たのしい日々ひびをくれたむすめ精一杯せいいっぱいおもいをめて
すすでよごれたこのいま 最後さいご汽笛きてきおくろう

ララ…… ララ……

汽車きしゃいたえきふるびたはしらかげ
人垣ひとがきをさけながらたずむ白髪しらがまじりのつまがいた
ほおをつたわるなみだぬぐわず しろ花束はなたばをかかえて
こえにはならないけれど かすかにくちびるうごいた
"ごくろうさま"

ララ…… ララ……